CAREDGE

2016-03-07更新

車の売りどきはいつ?

車を乗り潰す前にできるだけ高く売りたいと思っている人もいるかと思います。ではどのようなタイミングで売れば高く売れるのでしょうか?重要なポイントをまとめました。

アクセス数: 1457

▼車の売りどきについて

●中古車市場が活性化する時期
●年式と走行距離
●モデルチェンジ

●中古車市場が活性化する時期

中古車がよく売れて在庫が少なくなると、中古車販売業者は車の買い取り価格を上げます。
つまり中古車が売れる時期が買い取りも高くなる時期になります。

具体的には4月からの新生活に備えるために1~3月に中古車の市場が最も活性化します。
それ以外には、GWやお盆などの連休、夏のボーナスなどの要因が重なり、5月~9月も中古車市場が活性化します。
それらの時期を狙えば高価買い取りを狙うことができるでしょう。

●年式と走行距離

当然のことですが、年式は新しければ新しいほど高く売ることができます。
走行距離との兼ね合いもありますが、年式は5年がひとつの目安と言われており、2回目の車検を受ける前が売りどきと言えます。

走行距離も基本的には多くなるほど車の価値は下がります。
ただ走行距離は少ない方が必ずしも良いというわけではありません。あまりにも走っていない(使っていない)場合はエンジンの不調などに繋がるため、逆に査定が下がってしまいます。
1年間で1万kmというのが標準的な走行距離とされており、年間3万kmも走っていたり年間2,000kmしか走っていないなどではマイナス査定になることでしょう。
年式との兼ね合いもありますが、走行距離は5万kmがひとつの目安とされており、5万km未満で売ると高く売れる可能性が高いです。

10万kmを超えた車は「過走行車」と呼ばれ、価値は無くなるか残っていてもかなり低くなってしまいます。

●モデルチェンジ

モデルチェンジを行うと、旧モデルから乗り換える人が出てきますので、旧モデルは中古市場において在庫が増えてしまい、買取価格は下落してしまいます。
つまり、モデルチェンジが行われる前が売りどきということになります。

モデルチェンジ発表の直前が一番良いということになりますが、未発表の情報を先に掴むことは難しいため、ある程度の予測で動くことしかできません。
モデルチェンジは何度か行われることが多いので、今までどの程度の間隔でモデルチェンジを行ってきたかを調べれば、次のモデルチェンジのおおよその時期を予測することはできます。

まとめ

車を高く売るためのいくつかのポイントをおさえておくことで、新車の乗り換え時の負担を減らすことができます。
また、売りどきを逃して査定もつかなくなってしまい、廃車するしかなくなったような車であっても、お得に売ることができるサービスがあります!

アクセス数: 1458

カテゴリ一覧