CAREDGE

2016-03-07更新

オプションパーツは勝手に取り外してはいけない?

「事故を起こして車が走れなくなったがカーナビはまだ使えそうだから外して新しい車につけたい」といったケースもあるかと思いますが、パーツの取り外しを勝手にやってしまってはいけない場合もあります。

アクセス数: 6790

▼オプションパーツを勝手に外してはいけないケースについて

●事故などで保険金を利用する場合
●査定に出した場合
●メーカー純正オプションについて

●事故などで保険金を利用する場合

全損事故などで保険金を利用して、新しい車と交換する場合は、例え廃棄する車であっても前の車の所有権は保険会社に移ることになります。
そのため、「まだ使えるから」と、勝手にパーツを取り外してしまうのは契約違反になり、後に問題が起きる可能性があります。
取り外したいパーツがある場合は、必ず事前に保険会社に相談しましょう。

●査定に出した場合

パーツの有無で査定額が変動することになりますので、車を売却しようと査定に出した後でパーツを取り外す行為は、詐欺行為にあたります。
車を売る時に取り外したいパーツがあるのであれば、査定に出す前にしておきましょう。
または、査定してもらった後で「やっぱりこのパーツを外したい」と考え直した場合は、査定した業者に相談して再度査定をしてもらいましょう。

●メーカー純正オプションについて

メーカー純正オプションは、売却時の査定額にプラスになることが多く、逆にカーナビなどの標準的に搭載されているとみなされるものは外していることでマイナス査定を受けることになります。
特にメーカーオプションのカーナビは、同じメーカーの後期モデルでも取り付けることができません。査定額が下がるだけで外した所で意味はないので、外さない事をおすすめします。
メーカー純正オプションを外して社外品のものに取り替える場合、メーカー純正オプションを大切に保管しておき、売却時に社外品を取り外して純正オプションに戻すと良いでしょう。

各オプションの必要性や査定額への影響については、「車のオプションの種類・必要性・売却時の査定額への影響などのまとめ」の記事をご覧ください。

まとめ

状況によって取り外して良いかどうかは変わってきます。自分の判断だけで行わず、事前に確認することが重要でしょう。
また、パーツの取り外しは知識や技術がない方がすると壊してしまう可能性があります。
多少の費用が発生するとはいえ、プロに頼むべきでしょう。
廃車することになった車で残したいパーツがある場合、廃車費用無料で対応する廃車買い取り業者がパーツ取り外しのサービスを行っている場合がありますので、お得に廃車して必要なパーツを残しましょう。

アクセス数: 6791

カテゴリ一覧