CAREDGE

2016-02-29更新

普通自動車の名義変更の仕方

車はいつか廃車にするか、所有権を誰かに譲ることになります。ここでは、普通自動車の所有権を譲る(譲り受ける)際に必要になる、車検証の名義変更手続きについて説明します。

アクセス数: 4061

▼普通自動車の所有権譲渡について

●普通自動車の所有権譲渡に必要なもの
●普通自動車の所有権譲渡の手続き手順
●普通自動車の所有権譲渡の費用

※軽自動車の名義変更手続きはこちらの記事をご覧ください。

●普通自動車の所有権譲渡に必要なもの

1.旧所有者の印鑑(実印)
2.旧所有者の印鑑証明書
3.新所有者の印鑑(実印)
4.新所有者の印鑑証明書
5.自動車検査証(車検証)
6.譲渡証明書
7.変更登録申請書(第1号様式)
8.手数料納付書
9.自動車税・自動車取得税申告書
10.新しく使用する場所の自動車保管場所証明書(車庫証明)
11.ナンバープレート

1.旧所有者の印鑑(実印)
…代理人が申請手続きをする場合は委任状が追加で必要になります。

2.旧所有者の印鑑証明書
…発行日が3ヶ月以内である必要があります。

3.新所有者の印鑑(実印)
…代理人が申請手続きをする場合は委任状が追加で必要になります。

4.新所有者の印鑑証明書
…発行日が3ヶ月以内である必要があります。

5.自動車検査証(車検証)
…車検期限が切れている場合は、車検を受ける必要があります。

6.譲渡証明書
…運輸支局の窓口で取得するか、決まった書式のものをダウンロードして印刷することもできます。

7.変更登録申請書(第1号様式)
…運輸支局の窓口で手続きの当日に取得できます。

8.手数料納付書
…運輸支局の窓口で手続きの当日に取得できます。

9.自動車税・自動車取得税申告書
…税務署に対して住所氏名の変更を申告するためのものです。運輸支局の窓口で手続きの当日に取得できます。

10.新しく使用する場所の自動車保管場所証明書(車庫証明)
…車を保管する場所が変更される場合に必要になります。新所有者の現住所を管轄している警察署で取得できます。

11.ナンバープレート
…ナンバープレートを変更する場合に、前後二枚を返納する必要があります。所有者変更に伴ってナンバープレートを管轄する地域が変わる場合はナンバープレートの変更が必須となります。

●普通自動車の所有権譲渡の手続き手順

新所有者の住所を管轄する運輸支局にて手続きを行ってください。
ナンバーが変更になる場合はナンバープレート返納のため、車を持ち込む必要があります。

1.用紙の購入
…窓口で名義変更に必要な用紙を購入し、記入します

2.印紙の購入
…印紙販売窓口で変更手数料(500円)分の印紙を購入します

3.書類一式の提出

4.新しい車検証の受け取り
…交付された新しい車検証に記載ミスなどがないかよく確認しましょう。

5.自動車税事務所に名義変更の申告
…運輸支局近くの自動車税事務所に行き、新しい車検証と変更内容が記載された自動車税・自動車取得税申告書を提出します。

※ナンバープレートが変更になる場合は手続きの途中でナンバープレートを返納する必要があります。返納するタイミングは地域により異なりますので、窓口でご確認ください。

●普通自動車の所有権譲渡の費用

印紙代(手数料):500円
用紙代:100円程度 ※地域により異なります
自動車取得税:自動車の車種や年式により、必要になる場合があります
ナンバープレート代:ペイント式で2,000円程度、字光式は3,500円程度 ※自動車の種類や地域により異なります

まとめ

家族に所有権を譲る際などはあまり問題にならないと思いますが、他者に譲る際には自動車税の取り扱いについて注意する必要があります。法的には新しい所有者が自動車税を収める必要はありませんが、残りの期間分の自動車税を前の所有者に支払うのが一般的です。

アクセス数: 4062

カテゴリ一覧