CAREDGE

2016-02-26更新

無料で廃車ができるサービス

廃車は一般的にお金をかけて行うものと考えられていますが、レッカー代や書類手続き代行手数料など廃車に関わる費用を全て無料で対応できる非常にお得なサービスがありますので紹介します。

アクセス数: 4331

▼無料廃車サービスについて

1.一般的な廃車に必要な費用について
2.無料で廃車できるサービスについて
3.無料で廃車できる理由について

1.一般的な廃車に必要な費用について

一般的な廃車といえば数万円の費用が必要になるというイメージがあるかと思います。
実際に、ディーラーや中古車販売店に廃車してもらう場合、車の引取り手数料として10,000~20,000円程度必要になり、レッカーが必要な場合はさらに追加で費用が必要になります。
その他にも廃車の書類作成・手続き代行の手数料として10,000~20,000円程度が必要になることや、自動車重量税の還付・自賠責保険の払戻手続きの代行手数料にも5,000円程度が必要になることがありますので、合計の費用としては30,000~60,000程度必要になる場合がほとんどです。

2.無料で廃車できるサービスについて

ただでさえ不要な車だというのに処分するのに費用が必要になると、新しい車の買い替えなどの負担が増加してしまいます。

そこで、無料で廃車できるサービスを利用するという方法があります。
一般的な廃車に必要な費用として記載した、車の引取り手数料・レッカー代・廃車の書類作成代行・廃車手続き代行など、全て無料で対応してくれるサービスがあります。
さらに車の状態や車種によっては、廃車の費用がかからないばかりか買い取りとなってお金を受け取ることができる場合もあります。

3.無料で廃車できる理由について

普通は費用がかかるようなところを、廃車買い取りサービス業者はなぜ無料で対応できるのかという理由についてですが、一番大きな理由としては「一般のディーラーなどと廃車買い取りサービス業者では販売網が異なる」ということです。

一般的なディーラーや中古車販売業者は国内での中古車販売網を持っていますが、日本国内においては古い年式の車や、走行距離10万kmを超えた過走行車や、事故車などは買い手がいない状態になります。
そのため廃車にする車の多くは日本国内においてはほとんど商品価値がないため、引き取ったあとの処分費用があるだけでディーラーや中古車販売業者によってマイナスにこそなれど、プラスになることはありません。
しかし、廃車買い取りサービス業者は海外への輸出・販売ルートを持っており、日本国内では価値がなかった古い年式の車や過走行車であっても、交通機関が未発達で、多くの人が新車を買う余裕がない発展途上国においては、日本車の信頼性の高さから廃車でも需要があり買い手がつくため、廃車の費用などを業者が負担できるのです。
また、2年に1度の日本の車検は、検査の厳しさやメンテナンス性の高さもあり、海外の方からすると「日本では車の品質を常に高く保っている」という安心感があります。

また、事故車や不動車であっても、まだ使えるパーツが多く残っていることがほとんどですので、分解して無事なパーツを再利用することが可能です。
そのため、どんな状態の車であっても廃車の費用を無料で対応することができます。

まとめ

廃車する理由は色々あると思いますが、車を買い換えたり、車が不要になって自動車税などの維持費を抑えるためなど、できるだけ費用は抑えたいと誰もが考えていると思います。
無料で廃車できるサービスを利用することでお得に廃車して、浮いたお金で新しい車を買う資金の足しにしたり、貯金に回したりしましょう!

無料廃車サービス カーネクスト(外部リンク)

アクセス数: 4332

カテゴリ一覧