CAREDGE

2016-03-08更新

ディーラー車検に必要な書類と手順

ディーラー(業者)車検とユーザー車検では、必要になる書類が異なります。ここでは、ディーラー(業者)に車検を依頼する場合に必要な書類と手順についてまとめました。

アクセス数: 10406

▼ディーラー車検について

1.ディーラー車検に必要な書類
2.ディーラー車検の流れ

1.ディーラー車検に必要な書類

・使用者の印鑑
…個人の場合は認印、法人の場合は会社の印が必要です

・自動車検査証(車検証)
…自動車が保安基準に適合していることを証明する書類

・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
…必ず加入しなければならない自賠責保険の保険証。
車検有効期間より1日でも多く自賠責保険に加入していなければ車検証の交付を受けることができません。

・自動車税納税証明書
…自動車税の納税が正しく行われているかを確認する為の証明書。
紛失した場合は自動車税事務所で再発行手続きができます。
毎年5月に管轄の自動車税事務所や税総合事務センターから、自動車税納税通知書と一緒に送られてきます

2.ディーラー車検の流れ

実際の車検がどのような流れで行われるのかを解説していきます。
日帰りで車検ができる業者、数日かけて細かく点検を行う業者などさまざまなパターンがあります。
業者によっては違う場合もありますので、業者ごとに確認することをおすすめします。

1.業者の検索、見積もり依頼・予約
…業者によって「検査手数料」や「点検料」「整備料」等が違うので、「見積もり依頼」を行って納得のいく業者を選び、予約しましょう。

2.入庫・受付
…予約した日に業者へ入庫します。
車検切れなどで公道を走行できない場合は業者にレッカー車で引き取りにきてもらうか、仮ナンバーを取得して入庫します。
入庫後、必要な書類を揃えて受け付けを行います。

3.点検・検査
…業者が国の点検項目に従って分解・点検を行います。

4.立ち合い・整備
…業者によって立ち合い説明があります。
車の状態や整備の必要な個所の説明を受けることができるので、立ち合い説明を行っている業者を選ぶのがよいでしょう。
車の状態によっては整備を行う必要があります。

5.完成検査・車検合格
…結果が合格の場合、車の状態等の報告があります。
業者によっては今後のメンテナンスなどについての説明があります。

6.清算・車検終了
…車検費用の清算を行い、適合標章(仮車検証)の発行を受けて当日の車検は終了です。

7.車検証の交付
…後日、車検証が郵送で届きます。
業者によっては受け取りにいく場合もあるので事前に確認をしておきましょう。
車検証を車に乗せて、車検の全ての行程の終了です。

まとめ

手間がかからず、必要なメンテナンスを受けられるので安心感を得られるディーラー車検。
費用がかかりますが、車の知識があまりない人や車に時間をかけられない人は業者に任せてしまいましょう。
出費が厳しい場合はユーザー車検を受けるという手もあります。
ユーザー車検を受ける場合は「ユーザー車検に必要な書類と手順」の記事を参考にしてください。

アクセス数: 10407

カテゴリ一覧

お問い合わせ